FC2ブログ

お知らせ・所感など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記憶には時間がかかります

8/28(土)は、大阪北新地[サロン・ドゥ・アヴェンヌ]にて、<お客様ご出演日>の進行&伴奏の担当です。

毎月1回必ずあるこの日に、最近はヴァイオリン奏者が3,4人は来られます。個性豊かな方々の演奏は面白いです。
もちろん、ピアノソロ、また声楽やフルート、多様なレベルの人々と、楽しくも疲れる(笑)3時間です。
初見の伴奏もそこそこ沢山ですが、事前に楽譜が渡されているものは、初見のものよりプレッシャーがかかりますね。とは言え、あくまでも愉快にやるようにしています。

9時頃、最後には僕がソロを1曲弾きます。クラシック一筋の人のようにはレパートリーがありませんので、いつも同じようなものばかりになってしまいます。よくやるのは、ラフマニノフのプレリュードcis mollやD durやG dur、ヴォカリーズ、エレジー、これらばっかりです。たまにチャイコフスキーの舟歌、フォーレの舟歌、メンデルスゾーンの舟歌、・・・以前には2回ほど、ラヴェルの水の戯れをしました。
最近はショパンの英雄ポロネーズをやってないなぁ。またいずれ。
前回は、グラナドスのアンダルーサでした。この曲だけはなぜか、8割方上手くいきます。

今回のためにと思い、ラフマニノフのプレリュードGes durを日々練習していました。
この曲の、優しい慰めのようなフレーズや、温かい情念の襞が見え隠れするような対旋律の絡み具合が、なんとも言えず心を捕えますね。
また、小節の1拍目に8分休符を充てたり(この曲は4分の3拍子)、低音の響があまり現れないことで、まるで悩める人の心の揺らぎにぴったり寄り添って解ってあげようとしている、そんな超優しい振る舞いに見えるのは、僕だけでは無いでしょう。
終わり間近で、彼ならではの色彩感に溢れた広い音域のアルペッジョ(この並びもフレーズになっているからウットリですね)が、冒頭で繰り返される伴奏型の輪郭を編み込んだ対旋律と絡まるところは、この小さな名曲のなかで白眉でしょう。

いつも思いますがラフマニノフはほんとうに、「切ないもの」に限りない愛情を持っているのでしょうね。
より巧みな言葉に置き換えたいですが、出来ません。この言えない感じこそは、彼からの贈り物でしょうか。
彼の音楽の中に居る時、僕の心は、まさに至福です。上手く弾けなくても。

で・・・プレリュードGes durが、暗譜出来ないとは、どういうこっちゃほんまに(泣)
新地では、別の曲でまた誤魔化してきます。
必ずや、この曲を、お客様の前で、暗譜で弾きます。いずれ。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/28(土) 02:39:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

本番続きです・・・

8/20(金)夜、ホテルモントレ京都にて、僕が編曲と伴奏を担当している男声ボーカルユニット[カーポドルチェ]のサマーパーティー(コンサートとお食事)に出演しました。

電子ピアノのタッチには、なかなか馴染めないもので、いつものように生ピアノならもう少しうまくいったかも、と思えることが2,3ありましたが、全体的には良かったようで、お客様方からも好評いただきました。

ただ、自分の能力不足にもっと取っ組みあっておかなければいけなかったところが、本番の恥につながってしまった、反省もあります。
イタリアンポップスの名曲<ヴォラーレ>のスイング感をピアノ1本で、ベースラインやシンコペーション満載の右手のハーモニー付けなど、前日までの個人練習で結局うまく仕込めなかったのは、ひとえに怠慢でした。
何とか、当日の勢いでお茶を濁すことは出来ないものか、と甘い目論見を抱いたのが、何よりの失敗でした。
今後、同じ轍を踏まないことを、わが身に誓っているところです。

8/21(土)の夜は、奈良県の橿原文化会館小ホールにて、二上市民オペラ(ほとんどがアマチュア)のメンバーによる無料のコンサートに、10人ほどの歌の伴奏で出演します。

8/23(月)の昼は、大阪府警察広報センター「コミュニティープラザ」(梅田の地下街の一角、真上は曽根崎警察)にて、これもアマチュアの婦人たちの歌のコンサートに、伴奏で出演します。

この程度でくたびれてはいけませんが、大変です。
頑張ります。
  1. 2010/08/21(土) 04:23:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。