FC2ブログ

お知らせ・所感など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これから蘇生します

以前にも、仕事のない日々が続いて、ピアノの練習に精が出たことをぼやいていましたが、また最近、そういう日々がありまして、ここんとこはラヴェルの作品に気が向いています。

「古風なメヌエット」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「水の戯れ」どれも珠玉の作品ですね。
8月以来色々な曲を取り上げて自由に練習を続けてゆくにつれて、夏以前にはなかなか掴めなかった技法上の確信が、何とはなしに体感に芽生えつつあり、自分にさえ説明が出来ればいいものとしてのメソードをより鮮明に作り上げるべく苦心を重ねています。
ラヴェル以外には、ラフマニノフは勿論、セヴラックやドビュッシー、たまにはベートーベンやメンデルスゾーン、記憶済みの曲ばかりに甘んじないよう、新曲に挑戦していました。

そして・・・ラヴェルの組曲「鏡」・・・
どれも大変精密な技術が必要ですが、やはり何といっても4番<道化師の朝の歌>の連打の部分が、超大変です。

実のところ、大学時代から、自分には結局無理と決め付けて、というか実際無理で、こなせる人を羨んで、勝手に恨んでいました。憎んでいました。本当は僕だってバリバリ弾きこなしたい、何で自分の身体はこんなに不器用に出来ているのか・・・特にバネ運動的な技術が殊の外苦手であることに、心の中ではむせび泣く毎日でした。
そのような状態はまさに最近、今年の春先でしょうか、まで続いていました。

が、これまでの悲鳴にも似た執念の研究の成果が、今年の猛暑の最中、徐々に現れてきたように感じています。
24時間クーラーつけっぱなしで1ヵ月半ほど、家にいるときは22時までピアノに向かって、夜は酒浸りで、昼まで寝て、仕事の外出が無いとまたピアノに、という修行が、奏功してきました。
数年前から、「クープランの墓」の6番<トッカータ>に取りつかれていましたが、これにも好影響を及ぼす技量の進化は、少しずつですが明らかにあります。

まだまだ、確かな技法の確立には遠く及びませんが、あの超大変な連打の部分にも、これからの展望が少し見えてきました。インナーマッスルではありませんが、身体の中のどの部分が、どんな間違った考えを持っているせいで、本来できるはず(こう絶対的確信するべし)の連打なり様々な演奏が不具合を呈しているのか、常に自分と対話しながら現状の打開を目指し続けていくと、方法は一つずつ見付かってきますね。

僕が自分との対話でよくこだわることは、[自分がつまらなくても、否むしろ自分がつまらない感覚にある時こそ、他者への良き波動の提供のために全力でハッスルする]という体感の発動についてです。
自分がつまらない、というのは、難なくこなせるところと同じようには弾けないことが判った途端に瞬時に現れる愚痴の感情で、それはすぐさま、身体内部の運動の鈍さに波及します。
難なく弾けないという事実は確かに残念な現象なので、この愚痴の感情が起こらないようにすること自体は無理ですが、即時に打開への一歩が踏み出せるかどうかで、大きく変わってきます。

身体内部の運動性に、不本意な指などの現状に屈しない心の発露としての[躍動]を呼びかけ、表立っては[弁舌爽やか]なり、[スマートな身のこなし]なり、曲想に見合った表出を狙って、身体のどこかにある新しい技法を編み出すまで、時間の限り繰り返し練習する・・・
一朝一夕にとはいかなくとも、連日の研鑽の成果は必ず現れるもので、この夏にある程度実感しています。
これを、連打のところにも確実に実現できるべく、明日からも続けます。

ベートーベン曰く「暗闇を突き抜けて歓喜に至れ!」だったかな?
彼の真意はともかく、演奏技術の発展を求めて苦心するのも、歓喜に至りたいからですね。
何も、楽譜上の音符を一音も間違わないことが目的ではなくて、その記譜に託された作曲者の衝動から理念までを、出来ることなら余すことなく再現したい、そのためには一音たりとも、技量不足を理由に間違いたくは無い、ということです。
本当に確実に弾きこなせるようになったら、またその次元での課題は出てくるでしょう、あっせても仕方ないですが、早く次の段階に進みたいものです。早熟の天才どもに、負けてはいられません。
最後に、一番悪どい自分が出てきました。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 02:55:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今後の予定 | ホーム | 敬老会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maki01.blog110.fc2.com/tb.php/16-00a56245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。