FC2ブログ

お知らせ・所感など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツェーガー先生

ベルギー人テノール、ツェーガー先生(ファーストネームです、苗字覚えてません)のレッスンが奈良でありました。御歳は、訊いてませんが、70はいってないかな?よくわかりませんが、世界中を飛び回ってコンサートなど活躍されている人のようです。勿論、僕は伴奏ピアノです。

先生はドイツ語、イタリア語、英語、ペラペラです。しかし、レッスンでの色んな事柄は、集中していた(当たり前ですが)から大体判りました。しかし、単語の知識がもっとあれば、と思いました。出来る限り英語の断片で返答する努力をしました。

受講者は4人で、様々な曲でした。5日前~3日前くらいの間に郵送された楽譜と、限られた日々で格闘して臨みましたが、先生にはお褒めの言葉を頂きました。
マーラー、ヴォルフ、R・シュトラウス、ブラームス、モーツァルト、C・ベーム(あの名指揮者でしょうねぇ)、C・ピンスーティ(なじみの無い名前です、先生もご存知で無かった)・・・僕には普段あまり携わらないドイツの声楽曲がほとんどでしたから、ご自宅のレッスン会場を提供なさったソプラノの仲川久代先生(奈良県橿原市方面の声楽関係のドンみたいな方)から久しぶりに電話があった時には一瞬迷っていました。
しかし、世界的な大家の息吹には触れておいた方が絶対にいいし、あれもこれもってな感じで色んな音楽の素養を常に高めていこうと欲張る気持ちにも有効だし、渡欧する必要も省けるし、おまけに小遣い稼ぎにもなるので、一瞬の迷いを一瞬で断ち切って、お受けしたわけです。本当に収穫でした。

数々の示唆を全部記憶してはいませんが、特にブラームスのリートでの、小品ながらもドラマチックな表現のアドバイスには感謝に堪えません。また、フレーズ感が十分に表出されるための連綿たるレガートへのヒントも、頂きました。ものによればあくまで1つのアイデアと見るのが最終的には正解なのでしょうが、今回のレッスンで得たものを大事にしなければいけません。

ドイツ語のディクションが非常に興味深かった。自分としても今更のようで実のところ恥ずかしいですが、音符の長さ一杯に、充てられた音節の母音を伸ばすことの間違い、これを、どの受講者も頻繁に指摘されていました。
その音節の母音の後(つまり最後尾)にある子音が、対応する音符の後ろ半分くらいの音価をもつことや、その音節全体(最後尾の子音も含めてということ)自体の長さが、対応する音符の前半分くらいしか伸ばさないのでないとおかしいとか、やはりこういう話は本場の人から聞くもんですね。
後者の事柄は、「そんな事したら音がすっぽ抜けてしまうやんけ~」って思いそうですが、日本歌曲でも歌謡曲でも、同じことがあるでしょう。
しかしながら、マニュアル化できることでもないから、一つ一つ糧にするのみです。

充実した時間でした。来週にはボールドウィン先生のレッスンがあります。こっちは小遣い稼ぎできません。
1万円払って受けます。切実ですが、その分また、大家の空気をうまく盗めるように、いいテンションで臨む心構えは出来ています。フランス歌曲です。ドビュッシー3曲です。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/21(日) 02:50:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<左手のピアニスト | ホーム | 無題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maki01.blog110.fc2.com/tb.php/20-acbae4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。